自動車の保管のために

自動車の駐車場を登録する

自動車購入時の駐車場登録

自動車を購入したら義務として必ずその車を保管しておく駐車場を決めて登録しなければなりません。いわゆる車庫証明です。正式には自動車保管場所証明書といいます。所轄の警察署で申請の上登録できます。路上に駐車をして保管場所よろしく止めてある車もありますが、この頃の自然現象の急激な変化やいたずらや盗難等を考えると正式な場所を確保して保管する時はそこを使用するという当たり前の事が一番駐車時の事故も起きないし経済的にもトータルで安く済むはずです。自分で取ることも可能ですが時間のロスを考えるとお近くの行政書士さんにお願いする事もできます。

駐車場入庫時にはサイズに注意

最近の自動車は大型化が進み、昭和時代には高級車とされるクラスでも5ナンバーサイズだったものが、現在は大衆車でも車幅が1,700ミリメートルを超えるサイズが主流です。また、5ナンバー車も小型車枠ギリギリの1,695ミリメートルの車幅が普通ですので、古い規格のタワーパーキングでは入庫が困難だったり、自走式駐車場では取り回しに苦労する場合もあります。郊外の大型店舗の駐車場は、現在の規格に合わせてゆったりとした幅を確保しているところが多いので、自動車の運転に不慣れな場合はそちらのほうがぶつける心配がないでしょう。

↑PAGE TOP