自動車の事故と証拠

自動車駐車場での事故

駐車場で自動車事故が発生したら

大切にしている自動車が、事故にあえばがっかりしますね。道路上などで相手が明確な場合はお互い免許証の確認を行い警察署で事故証明をもらえば、後は保険会社任せになるのが通常です。しかし駐車場などに駐車している自動車がぶつけられるなど相手がわからないケースがあります。怒るにも怒る相手がわからなければ、これまで泣き寝入りをせざるを得ませんでした。しかし最近は駐車場などの防犯カメラはトラブル回避のため設置率が上がっています。運営会社に連絡を入れ、防犯カメラに現場が記録されていればデータ入手を申し入れましょう。警察署に届ければ立派な証拠として対応可能です。

自動車を保管する駐車場の確保

初めて自動車を手に入れる方が陥りやすいミスとして、駐車場の問題があります。車はこちらが代金を支払って手に入れることができる商品には変わりありませんが、国に対して登録をしなければならないものです。従って、商品の中では少し特殊な性質があると言えます。また、国としては大きな商品ということもあり、どこにそれを確保しておくのかという場所を特定しておく必要があります。違法駐車が社会問題にもなっている中で、自動車の購入だけではなく、それを適切に維持管理できるように配慮することも、私たちユーザーに求められています。

↑PAGE TOP