自動車の保有と駐車場

自動車の駐車場を借りる

自動車の保有と駐車場の契約確保

自動車を保有していると駐車場を借りる必要が出てきます。そういった場合には個人で経営している土地の場所を借りることになります。自動車を止めるところは路上は絶対だめになっているのでこういったところを利用し、契約し確保することが大切であります。お金がないからといって路上に駐車するのは絶対法律的に違法であり、これらを行っていると車検が受けられなくなってしまいますので、車を保有したら必ずこういったところを借りて止めるようにしなければなりません。なかなか空きがなくても少し離れたところであれば空きのところが必ずあるはずです。

駐車場への配慮で自動車を守る

自動車を購入する際に必要となるものに駐車場があります。借りる場合は毎月の支払いが発生しますので、なるべく安くしたいところです。ですが少し配慮することで数年後の車の価値に影響を与えるのです。例えば屋根があるだけで雨や雪を防げるだけでなく、夏の強い日差しや冬の霜から車を守ることにつながります。線路沿いだったり鉄工所が近くだと車の表面が傷つく可能性もありますので、それらへの防御にもなります。例えば地面直接ではなく舗装してあるだけで泥はねから守ることになります。例えば機械式ではなく自走の平置きであるだけで、周りと擦れる心配を大きく減らすことができます。車検を迎えた3年後や2回目の車検の5年後の自動車のリセールバリューを高めてくれるのが、駐車場への配慮なのです。

↑PAGE TOP